マウスについてくるわん♪


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

ぽにょのママ

Author:ぽにょのママ
楽しいことや
おしゃべりや
旅行が大好きな
気持ちの若い
奈良県在住の
元少女です。

今年初めに家族になった
マルチーズのぽにょが
可愛くて、
ぽにょの相棒に
迎えたそうちゃんも
愛らしくて、
毎日親ばか犬バカ
全開です。


最新記事


最新トラックバック


最新コメント


旬の花時計


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


ワンコウォッチ


バナー


■ ♪ぽーそーハーサー♪ ■

いつもいつも夢みていた~ ぽーそーハーサー
笑顔の絶えないホーム♪

ぽにょとそうすけとハムとサラと過ごすひとときに感謝を込めて~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
義母と暮らした年月は、
まるで、女性としての
私自身の成熟のひとこまを
物語るように感じる・・・。

大学を卒て、しばらく病院に勤め、
仕事にも慣れて来た頃、
実父が倒れ、難病の告知を受けたんです。

「父に花嫁姿を見せなければ・・・」と、
お見合い結婚しました。
24歳の時です。

何にもわからないホンとに
嫁ぐ決意も
なんにも無知なまんまで
知る人一人いない奈良の
古い街へ来ました。

義母も義父も
なんだか怖くて、
それでも、自分の親のように
接すれば、きっと
自分の娘のように感じてくれる・・・
願ってやまなかったんです。

価値観や環境や風土
育った時代背景・・・
ホンとに人は
些細なことで
理解できたり、
不可解になったり、
この長い年月を
どんな風に来たのか、
今では、遠い昔のことのようです。

義父を見送ってから
アルツハイマーの義母は、
グループホームのお世話になってました。
自分のことがわからない。
家族の認識ができない。
不安と、混乱の中でも
時折、優しい笑顔を見せてくれることもありました。

義母の人生
義母の生き様
義母の旅立ち

傍らで、垣間見ながら、
いつか私も
人生の終焉を迎えるのだから
襟を正して、
心込めて、我が家から
最後のお見送りしよう。
それが、私の生きる道しるべにも
なるかもしれない。

「お疲れ様・・・
 笑顔をありがとう。」

今日がお通夜です。

昨日から、
家族が忙しくて
様子がおかしいので
ショボンとしてる2匹にポチッと
応援お願いします。

  にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
   ↑↑ポチッと押してね♪
スポンサーサイト

コメント

■ No title

ぽにょママさん お疲れさまです。

私の義母は 隠れて借金ばかりして
うちや主人の会社まで 借金取りから電話がある
事もされましたが 今は何処へ行ったか消息不明です。
迷惑ばかりかけさせられましたが 今は主人を産んで
育てた義母に感謝しています。

今 ダンナやワンコ達がいて幸せなのは
義母、義父のおかげですものね。

寒いですから ぽにょママさん、ぽにょパパさん
お体にお気をつけください。


ご冥福をお祈りいたします。

■ No title

ママさんお疲れ様でした。
どんなに大変であったかは
他人の私の想像を遥かに超えると思います。

ぽにょちゃんとそうちゃんがきっとママを癒してくれますね。

ぽにょちゃんそうちゃんも何かを感じ取ってるのでしょうね。

■ ゜゜(´□`。)°゜。

1つの命がなくなるって、淋しいですね。
やっぱり淋しい・・・よね。

■ インコのモモちゃんママさんへ。

お悔やみありがとうございます。
ホンとに、いろんなことを思います。

人生の20歳過ぎまでは、
親に守られた娘としての
自分でしかなかったんですが
結婚して、子どもたちのおかあさんになり
実親を見送り
義親の生き様を目の当たりにし
やはり最期は
いいことしか
思い出せない。
不思議な感覚に包まれてます。

■ すみれマミーさん、ありがとうございます。

とても忙しくて
なんだかホンとに
色んなことに取り紛れて
自分が思うようには
ならないことばかりなんですが
いつも
ぽにょママを見て
探して
無心に尻尾を振って
駆けて来てくれるぽにょとそうちゃんに
心が、洗われるんです。

■ konayanさんへ。

> 1つの命がなくなるって、淋しいですね。
> やっぱり淋しい・・・よね。
。。。そうですよ。

ホンとに色んなことがあったけど、
一人の人の人生を
納得の行く幕の閉じ方を
させてあげることが
天国での
心地良い暮らしへ続く道標に
なるかな?と、
しみじみ。。。。

■ MASAさんへ。

ありがとうございます。

ホンとに色んな人がいますね。
きっと、いいところも持ってるんでしょうが
なかなか見えない人や
表現するのが苦手な人もいますね。

なんだか
義母の人生の中で
どれだけの人に愛され
友達となり
必要とされる
そんなお互いの思いを
分かち合える
出会いが
何よりも宝物に感じましたね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://ponyosousuke.blog54.fc2.com/tb.php/71-5937fce7

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。