マウスについてくるわん♪


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

ぽにょのママ

Author:ぽにょのママ
楽しいことや
おしゃべりや
旅行が大好きな
気持ちの若い
奈良県在住の
元少女です。

今年初めに家族になった
マルチーズのぽにょが
可愛くて、
ぽにょの相棒に
迎えたそうちゃんも
愛らしくて、
毎日親ばか犬バカ
全開です。


最新記事


最新トラックバック


最新コメント


旬の花時計


カレンダー

07 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


ワンコウォッチ


バナー


■ ♪ぽーそーハーサー♪ ■

いつもいつも夢みていた~ ぽーそーハーサー
笑顔の絶えないホーム♪

ぽにょとそうすけとハムとサラと過ごすひとときに感謝を込めて~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロンドン観光は、
エリザベス女王のロンドンでの公式なお住まいの
バッキンガム宮殿に始まり~


イギリス 405

イギリス 427


イギリス 439


イギリス 353


長い歴史の間、要塞や監獄処刑場としても
ホワイトタワーという呼び名で、
歴史を刻む舞台となった
世界遺産のロンドン搭で
衛兵さんの交代も見ましたよん。。。


イギリス 336


イギリス 375


大英博物館では、ロゼッタストーンや
エジプトのミイラさんも
拝見しましたよん。。。


イギリス 476


とても物価が、お高くて??って
思ったイギリスですが、
博物館や美術館は
いつでも、無料なんです。
芸術や文化の宝庫で、
しばし、時を忘れ、
うっと~りと見とれましたよん。

ゴッホの♪ひまわり♪も観て来ました。

ゴッホらしい命の息吹き溢れるタッチと、
心揺さぶられるひまわりの絵に
私も、人の心に残る絵が描ければいいなぁ~と
憧れが、募りました。。。

イギリス 459


イギリス 446


イギリス 448


ロンドンでは、赤いダブルデッカーで
市内観光も満喫しました。


イギリス 449


イギリス 456


イギリス 466


イギリス 473


イギリス 475


絵本の中に出てくるような愛らしいバスで、
歴史の宝箱のような街並みを走るひとときは
非現実で、ファンタジックな
味わい深い時間でした。


ロンドンの自由行動の日には、
お買い物楽しんで
フォートナムメイソンで
クリームティの
穏やかで、満ち足りた
アリスのような?時間を味わいました。


pageイギリスD


pageイギリスE


スイーツ作りも大好きだけど
スコーンもまたまた作ろうかな?と、
そんな気持ちが、溢れて来ました。

お家で、ティータイム楽しむのも素敵ですものね~



イギリス 513


イギリス 494


イギリス 492


今回の旅行で、
イチバン楽しみにしていた~
事前ネット予約していた~
本場のミュージカル
「ウィキッド」を観て来ました♪


pageイギリスF


大がかりの舞台セットや
華麗で、のびやかで美しい歌声に
うっとりと魅了されました。。。
英語???なのに、
たっぷりとオズの世界へと
誘い込まれるのは、本場ミユージカルの醍醐味ですね。


最後の日は
イギリス最大の巡礼地カンタベリーへと。。。


イギリス 604


イギリス 600


イギリス 596


イギリス 589


イギリス 586


古くから
多くの巡礼者を迎えてきた
カンタベリー大聖堂は、
訪れる人の心を救い
清らに導いてくださる
そんな祈りに満ちたお御堂でした。。。


イギリス 574


イギリス 567


pageイギリスH


厳かな気持ちで
カンタベリーを後にして、
チラム村を訪れ
最後の訪問は、セブン・シスターズ へと。。。


イギリス 695


イギリス 684


イギリス 671


イギリス 668


イングランド南部にある白亜系チョークからなる海崖。。。
緩やかな起伏の丘が削り取られて形成された
白い崖が連なる様子から
7つのがけが、
まるで~
7人の姉妹のよう。。。
なだらかに連なる岸壁の美しさは
沈み行く夕陽が煌めく
さざめく海面と息をのむような
情景のコントラストを見せてくれました。。。

イギリス 656


イギリス 635


自然の成せる技の傑作ですね。
芸術の領域の至高なまでの高みは、
神様のみ技と見守るものなのでしょうね。。。


pageイギリスA


pageイギリスB


pageイギリスC


pageイギリスG


娘と、色んな小さな失敗や
ドジを繰り返しながら
イギリスを旅して、
土地の面積は、さほど大きくはないのに
誇り高き王室の歴史刻まれゆく
深く気高い品格と、多様な表情に魅せられました。。。


ヨーロッパへの旅は
飛行時間が少ししんどいのですが
それぞれの国に、確固たる尊厳と誇りを感じさせられます。。。

体が、なんとか健康なうちに
色んな国を周りたいなぁ。。。
ぽそハサに、しばらく会えないのは
淋しいけど。。。ね♪

わんわんわん。。。淋しいわん♪に
ポチッとね。


にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
   ↑↑ポチッと押してね♪

スポンサーサイト
幼い頃から、ピーターラビットの絵本や
ポターの描く世界が大好きで、
いつか~
湖水地方へ行ってみたいなぁ~と、
ずーーっと思っていたんです。


この春に、上娘ちゃんが長い大学生活終えて
先日、国家試験も無事パスしたんです。
んで、今回は、上娘と二人での
イングランドへの旅とあいなりました。



イギリス 007


行きは、エジンバラから入りました。。。
イギリスとの戦いに明け暮れた
スコットランドの過ぎし日々を語り継ぐようなタータン。。。
バグパイプ。。。スコッチ。。。


イギリス 069


ハリーポッターの作者が、
ストーリーを書き上げた喫茶店の
軒先から、
ハリーを取り巻く世界が広がるような
中世の石畳も美しい街並みでした。


イギリス 032


エジンバラ城は、断崖にそびえ立ち、
多くの歴史に名を馳せた英雄の誇りが
伝わってくるような荘厳な佇まいでした。


エジンバラで、
おみあげにショートブレッドを少し買いましたが、
物価が、お高くてちとびっくりんこ~でしたよん。


その日は、エジンバラを後に湖水地方へと向かい
湖水地方の大自然に囲まれたコテージのような
湖畔ホテルにスティしました。


イギリス 097


イギリス 085


ピーターラビットの物語が描かれた
のどかで、美しい自然の中でゆっくりしたかったのですが
今回は、イギリス周遊のツアーなので
ウィンダミア湖クルーズと
アンブルサイド散策のみの行程で残念でした。


イギリス 081


イギリス 106


それでも、ホテルの近くの湖畔を散歩しながら
ポターの愛したピーターうさぎに
会えないかなぁ~と、草原の中探しちゃいました。

湖水地方の次は
ビートルズ発祥の街リバプールへ。。。


イギリス 148


イギリス 151


イギリス 160


イギリス 165


ビートルズが、デビュー前に演奏していた
キャバンクラブや、マシューストリートを
満喫しましたよん。


その後は、木組みのお家の可愛いチェスターで
お買い物して、バーミンガムへと向かいましたよん。


イギリス 177


バーミンガムに泊まった翌日は
印象派の絵画のような情景の
ボートン・オン・ザ・ウォーターへ。。。
童話の中で見たような美しい街にうっとりしちゃいました。


イギリス 190


イギリス 207


イギリス 202


イギリス 198


イギリス 210


イギリス 211


村の中心を静かに流れる小川で
わんちゃんと、ボール遊びを楽しむご家族を
見て、心和みました。。。


イギリス 225


イギリス 239


イギリス 245


イギリス 255


イギリス 274


バイブリーでは、
石造りの蜂蜜色の家並みのアーリントンロウで
穏やかな絵画の中の世界に入り込んだような
気持ちになりました。。。


イギリスの素敵な郊外を
巡った後は、ロンドンでーす。


イギリス 300


イギリス 331


8日間の長い旅でしたが
物価の高さと、ご飯のイマイチが、ちと?でしたが
イギリスって、素敵~って憧れっちゃいました。


pageイギリス4


pageイギリス3


pageイギリス2


pageイギリス1


ロンドンの街と、
アフタヌーンティなどなどに、
カンタベリーから
セブンシスターズと、続きまーす。

ヨーロッパは、紀元前からの
長い歴史が刻まれる街並みが、
それぞれの物語を醸し出すようでした。

絵本の中に迷い込んだ
夢のようなひとときを過ごすことができましたよん。

お留守番ありがとわんに
ポチッとね。


 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
   ↑↑ポチッと押してね♪




明けまして、おめでとうございます。

ゆる~ぃ更新ですが
ぽにょファミリィーと
今年も仲良くしてくださいね。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


去年のクリスマスネタなんです。

その前の年に
初めてヨーロッパのクリスマスを訪問して、
言葉にできないくらい素敵で、厳かで~

ドイツの次にベルギーへ行きたくなりました。


079.jpg


075.jpg


pageベルギー1


クリスマスの休暇を挟んでの
6日間の旅~でした。


pageベルギー8


pageベルギー7


pageベルギー6


pageベルギー5


pageベルギー4


pageベルギー3


今回は、上娘とベルギーのみの旅行をチョイスしました。



271_201401092329029b7.jpg


日にちがなかなか合わなくて
中東ドーハ乗り継ぎ便でのブリュッセル行きになりましたが
初めての中東の空港のショップに
並んでるアラビアンナイトの世界のグッズに
目を奪われました。。。


270.jpg


大人買い~しそうになるのを
制御しながら
最近の暮らしを思い出して笑ってました。

 ~そぅなんです。
  犬小屋作りに始まり、
  またまた現在進行形でリフォームの予定が。。。
  片付けたり、整理する立場になると
  物が買えなくなっちゃいます。
  私の残す負の遺産で子供達が大変な思いをしたら?と
  案じてしまうんです。。。
  とほほ。。。


と、話は脱線しましたが、
チョコレートとスイーツと、
世界遺産の建築物に魅了される
ベルギーに到着したら
案外、日本よりも寒さは穏やか~でした。


269.jpg


世界で最も美しい広場と賞賛された
グランプラスを巡り~
世界最古のショッピングアーケードの
ギャルリーサンクチュベールを歩き~
クリスマスマーケットや
所狭しと並ぶ甘い香り醸すチョコレート屋さんを
のぞきながら
お買い物や観光満喫しました。

着いた日の夜は、
ワーテルゾーイってシチューと、
アイスクリームの乗ったワッフルを
頂きました。
ワッフルもふわふわで、ボリューミィ
優しく濃厚なお味でした。


いつも、旅行に出ると
その土地土地に流れる風や
立ち並ぶ風景や
人々の暮らしを垣間見ながら
同じ人としての
違いを魅力と~理解できたら
その国が、思い出深いものなるかな?とか
わくわくしながら歩くんです。


チョコレートのアートにも興味津々だし、
ベルギーレースやゴブランにも
憧れて~


みんな知ってる小便小僧にも
会って来ましたよん。
ジュリアン君♪の像よりも~
全身チョコレートのジュリアン君の方が
私には、受けちゃいましたよん。


220_20140109232643371.jpg


215.jpg


213.jpg


211.jpg


207_20140109232609cc5.jpg


中世のまま時を止めたような街並み
天井のない美術館って称される
古都ブルージュでは、
チョコレート専門店で
ホットチョコレートを味わいました。


201.jpg


195_20140109232606bdc.jpg


180_201401092326046ce.jpg


179.jpg


169.jpg


167.jpg


158.jpg


町並みが美しいを超えて
抱きしめたく~愛しくなるような~
去年虜になったローデンブルグを
そのまーーんま宝石箱のように散りばめた街♪


153.jpg


151.jpg


146.jpg


143.jpg


138_2014010923241193d.jpg


137.jpg


127 (2)


125_20140109232309a7e.jpg


121.jpg


そーーんな感じがして
何日もかけて散策したくなりました。


243.jpg


238.jpg


237.jpg


235.jpg


231.jpg


運河沿いの町並みが美しい古都ゲントでも
運河を背景に構図に入れたショットに
まるで、絵葉書の中のワンシーンに
佇んでるような気持ちで
街歩きを楽しみました。


272.jpg


アルデンヌの古城や
リェージュの小さな町並み
古都ディナン~
サックスさんの生まれた街
などなど~

盛りたくさんの観光と
甘いチョコレートの香り満喫の旅~でした。


クリスマスの厳かさや
キリスト生誕への祈り誇るような思いは、
ドイツのクリスマスの方が
強く深く感じられました。

ベルギーは、時代の流れの中
数々の戦争や盛者必衰
歴史の波に翻弄された
数奇な運命が、深いからかな?


pageベルギー2


ベルギーの人々から
何かにひたむきに~って思いを感じることは
少なくて。。。

残された歴史的な建造物を
チョコレートや
専門的なアートのお店として、
現在とごく自然に融合しながら
3つの言語を話す人々が共存し
美しく暮らしてる~って
そんな風に感じました。


色んな言葉が、抽象的に紡がれても
心の目で見た記憶は、
魅せられて。。。の一言に尽きます。

また、チョコレート巡りに
行きたいね~と、娘と話しながら
おみあげチョコレートを頬張ってまーす。


チョコレートは、危険だわん!の
4わんにポチッとね。



    にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
   ↑↑ポチッと押してね♪

上娘ちゃん中高通じての仲良しで、
とっても素敵なお嬢さんが、ご結婚されるってことで
上娘が、ご招待を受けたんです。



008_20131013231434800.jpg


010.jpg


祝福に満ちたお祝いの席に
お着物ーー♪と、リクエストされて
おまけに、着付けおばさんもお付き~との
ご要望でしたよん。


博多までのプチプランに
次女も何故か?
乗っかって??
3人で、博多弾丸ツアーに行って来ました。


新幹線のぞみだと~
きゃっきゃっと、おしゃべりしてたら
アッという間に博多に到着でした。


楽しみの一つ♪
博多とんこつラーメンの
初体験♪
濃厚で、びっくりんこでしたが
美味しくいただきましたよん。
ギョーザも外は、パリッと
中は、ジューシーで、とっても美味しくて
博多満喫でした。


ホテルが、駅前だったので
お式までの時間
博多大丸の英国フェアで
お買い物♪
アリスグッズや
英国雑貨を大人買い~
あまりに、わくわくしてて
着付けの時間が押し寄せてしまいましたよん。


急いでホテルに戻り
上娘に
鮮やかなブルーの附下訪問着を
着付けました。


096.jpg


着付けは、久しぶり~だったので
日本女性の正式礼装はやっぱ
素敵ねーーと、満足でしたよん。

私の母から受け継いだ
着物の数々~
色合いや柄域が、
私の趣味を超越してる
大柄な色彩の文様は
娘たちが、着こなしてくれます~
いざ~って吉日に
お着物着れるって、やっぱ着付け習って
よかった♪ってしみじみ感じた
お喜びの日でした。


019_201310132314390a0.jpg


030.jpg


042_20131013231442e30.jpg


お式は、博多の「HIRAMATSU」で~
漆黒の床に、ステンドグラスが煌めき
神の御前で慈愛に溢れる
温かさに満ちたセレモニーは
お二人の人柄がしのばれる
厳粛で心洗われる素敵なひととき~でした。


048_20131013231537f62.jpg


おめでとうございます~
お二人の笑顔とともに
いつまでもお幸せに。。。。。


page博多1



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


お式に参列した後は、
披露宴に、列席する上娘と別れ
次女と、博多ショッピング巡りに
キャナルシティに行きました。


page博多2


と、その前に
らーめん星人なので
中州で、らーめんと餃子を
いただきましたよん。



075 - コピー



077_20131013233108ad6.jpg


083.jpg




キャナルシティでは、
ムーミンカフェで
お茶したり
お買い物楽しんだり
噴水ショー見たりして
その日は、夜遅くまで博多三昧でしたよん。


page博多3


page博多4


翌日は、
ゆふいんの森って観光列車で
由布院まで遠出しました。


110.jpg


124.jpg


温泉情緒溢れる
由布院の通りを散策しながら
お買い物や
足湯などなど
のどかに癒される
素敵な一日を過ごしました。


page博多5


時々小雨が降っても
温泉街の活気ある雰囲気の中
ゆったりと楽しめましたよん。

2日間の弾丸ツアー♪♪♪
上娘ちゃんのお友達さん
私のこともよく覚えててくれて
胸が熱くなりました。


page博多6


海外もいいけど
こんな風に、日本には素敵な土地土地の
趣や、味覚がてんこ盛りね~と
しみじみ感じちゃいましたよん。

ばり、お留守番ばかりばい♪
の4わんにポチッとね。


   にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
   ↑↑ポチッと押してね♪


ウプトでのゆるーーいひとときから
またまた、陽光がサンサンと降り注ぐ
ビーチでの
ウキウキリゾートへと
2度美味しいプランでーす。


pageバリ13-14


pageバリ13-15


679.jpg


645.jpg


478.jpg


473.jpg


468.jpg


461.jpg


459.jpg


ビーチでお世話になるヴィラも
毎年迷いまくりですが、
今年は、とんがりお屋根がキュートな
クンジャヴィラをチョイスしました。


829.jpg


pageバリ13-16


pageバリ13-17


pageバリ13-18


pageバリ13-19


pageバリ13-20


pageバリ13-21


もう、エントランスから
スタッフがフレンドリーで
敷地の広大さと
なによりも、3ベットルームヴィラだったので
とってもプライベートプールが広くて
素敵でした♪

ビーチに移動した夜は
クーデターという素敵なレストランで
カクテルと、お料理満喫しました。


511.jpg


あまりに暗くて?
カメラの設定???なのかしらん?
写真がないのでーす。

おしゃべりと、グルメを堪能して
夜は、更けて行きました。。。

翌日は、スミニャックの街や
クタのモールで、お買い物を楽しみ♪
夜は、マイヴィラで
バーベキューをしていただきましたよん。


762.jpg


757.jpg


751 (2)


バトラーさんが、全部してくれるので
キャーキャー言いながら
遊んでました。


787 (2)


796_20130914234456082.jpg


732 (2)


747_20130914234259687.jpg


ブタさんぶーぶーの丸焼きは
ちと、申し訳なくて。。。
娘がブタさん供養をしてましたよん。


745 (2)


742_2013091423425637e.jpg


737.jpg


740 (2)


青く深いプールに映し出される
灯火の揺らめきが
幻想的で
美しいって言葉は、こういう時に
さらり~と心が語るのね・・・と、
うっとりと見とれてました。


753 (2)


たくさんの食べきれないお料理と
娘たちとのおしゃべりを楽しみながら
ガムランを演奏してくれる2人の調べに
癒されました。

翌日は、最終日なので
またまた、お買い物に出てから
ビーチから海を見遥かせる美味しいお店
ラ・ルッチオーラへ行きました。


831.jpg


834 (2)


出てくるお料理全部芸術みたいで
またまた美味しくて~
思わず、お弟子入りしたくなりましたよん。


pageバリ13-22


pageバリ13-23


海に憧れて。。。
海へ帰りゆく。。。
人って、碧く雄大な海に抱かれて
海からの大いなる恩恵を受けて生きてますよねー。


864 (2)


873 (2)


887_201309142346011dd.jpg


892_20130914234603f6e.jpg


898_20130914234605c5c.jpg


さざめく波音に耳を傾けながら
この旅最後の日を名残り惜しんでました。

夜のフライトなので
フライト前に
6時間スパ三昧を行きつけの
フランジパニで満喫して、
バリリゾートは、御仕舞です。


pageバリ13-24


初めてバリ島を訪れてから
ずーーっと、変わることなく
娘たちが、「夏は、バリ!」と、口を揃えて言う
神々の住む神秘の島~

私たちが、時の流れの中
どんなに変わっても
そっと、変わることなく
いつもいつも、微笑みながらそこに存在するような
決して、進化の目的のみでは触れてはいけないモノ。。。
そーーんな命の源のような場所でーす。

時間的に、間が空いて、まだまだ
書きたい記事てんこ盛りなので
また頑張りまーす。

ゆるーく、愉快にね♪の4わんに
ポチッとね。

 
  にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
   ↑↑ポチッと押してね♪
最近、なにかと?
忙しいのかなぁ?
なんだか、色んなことがあって、バリ島の記事も
なかなか続き書けずにいました。



180.jpg


220.jpg


227.jpg


実は、大学生の息子が
3年間家庭教師してた生徒さんの
ご両親に是非是非と!
「息子に海外や世界を見せてあげたいので
 ロサンゼルスへ、息子と旅行してください。」と頼まれたらしいのです。

全部全部、事後報告で今まで生きて来た息子ちゃん。
今回ももれなく、事後報告と言うか?
後、1週間で旅立つーーーってくらいに
相談?を受けて、めちゃめちゃ気を遣いましたよん。


370.jpg


369.jpg


365.jpg


現地おこずかいから、旅費全部出してくださるという
有難いお話なんだけど、
頼りない?
ノリと、楽しみだけで行動する息子ちゃんなんです。

とは言え、成人だもんね。
親の介入って??って思いながら
色々アドバイスやら、相談やら。。。プランやら。。。
なにせ、航空券とホテルバウチャーだけの思い切りの良すぎる
企画なので。。。

アメリカ国内乗継も、心配で心配で。。。

でもねーーー。。。
案ずるより??でした。
ロスに着いたら、ラインで「無事到着、楽しい!」って
ノリのいい報告受けて。。。

お兄ちゃんみたいな?息子と生徒くんが、
目いっぱい楽しい旅行満喫したらしいです。

その後、すぐに、岩手の被災地にボランティアにと
旅立ったので、詳しい旅行ネタも聞けず。。。

タフで、陽気な息子ちゃんに、
「体だけは、気を付けてね。」と、
日々祈ってまーす。


357.jpg


351.jpg


325.jpg


295.jpg


281.jpg


そーんなお話長々とした後に、
バリ島なんですが、
ウプトに滞在したら、
いつもタロ村のエレファントサファリまで
足を伸ばします。

娘たちは、象さんに癒される♪と、
いつもライドオンを楽しみにしてます。

私は、去年とてもとても怖い思いをしたのですが、
今年も乗っちゃいましたよん。
陽気なところは?息子と同じ??


240.jpg


236.jpg


自然に近い状態で保護された象さんたちに
囲まれ。。。
ライステラスも満喫して来ました。


390.jpg


384.jpg


372.jpg


pageバリ13-10


ウプトでのお買い物や
ご飯も楽しみのひとつなんですが、


pageバリ13-6


pageバリ13-7


pageバリ13-8


pageバリ13-9


pageバリ13-11


pageバリ13-12


pageバリ13-13


今年は、マンゴの樹の上で受けるマンゴツリースパで
スパ三昧して来ました。
滞在中2回も、ロクシタンのスパ受けて
リフレッシュ出来ましたよん。


431.jpg


424.jpg


402.jpg


398.jpg


392.jpg


クプクプバロンヴィラは、アユンリバーの渓谷を臨むように
佇むので、歓声の上がるラフティングの様子も
渓谷から眺めることが出来ました。

毎年泊まるバイスロイとは、
また趣きの異なる
ナイスなヴィラで、ランチやアフタヌーンティも
味わいました。


421.jpg


417.jpg

443.jpg


435.jpg


ヨガも、3人で頑張りましたよん。

非日常の中で、キャーキャーわいわいと
3人ではしゃぎながら、また来たいねーと、話してました。

ウプトに2泊した後は、
ビーチに移動でーす。

ビーチは、クンジャヴィラをチョイスしましたよん。
またまた、続き書きますね。

古いネタなのですわん♪の4わんに
ポチッとね。


    にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
   ↑↑ポチッと押してね♪
ご無沙汰でーす。

お家をキレイキレイするプランや
色んなご用に追われて。。。



955.jpg


957.jpg


956.jpg



なんだかいつのまにか?
ブログおさぼりしてました。


975.jpg


976.jpg


977.jpg



楽しみにしてた~私の夢と
これからの趣味が膨らむお家が
何とか、完成しましたよん。


974.jpg


973.jpg


972.jpg


設計や、調度品や照明に
クロスなどなど選ぶのが、迷いまくりんこで。。。
4月からスタートした、リホーム♪


969.jpg


968.jpg


967.jpg


先日終了して、やれやれ~でーす。

オーダーステンドグラスや
ピンクの調理台に
私の趣味満載ですが、お友達さーん
遊びに来てくださいね。


965.jpg


963.jpg


961.jpg


960.jpg


959.jpg


958.jpg


ケーキやお料理のプチプチお教室も
しますね♪


そーんな暑い夏のリゾートに
娘とバリ島行って来ました。


pageバリ13-1


pageバリ13-2


今年は、ウプトではロクシタンプロダクツの
クプクプバロンヴィラにステイました。

アユン川を臨む渓谷に抱かれた
とてもとても素敵なリゾートとなりましたよん。


pageバリ13-3


到着した夜に、
ヨマンチックディナー楽しむカップルさんが
おられましたよん。


pageバリ13-4


pageバリ13-5


着いた日は、
街に出て、イタリアン食べてから
ヴィラの広ーいお部屋で寛ぎました。。。

バリの旅~
つづきまーす。

わんわんわんわん
わんこのお家♪
嬉しいわんに
ポチッとね。

  
    にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
   ↑↑ポチッと押してね♪
おフランスの旅~やっと、仕上げることが出来そうです。

どこを見ても、素敵な歴史的建物と、
シャンソンが聞こえて来そうな並木道、
歴史と流行が混じり合いながら、
人々を魅了する♪
パリ♪


IMG_1348.jpg


フランス10


pageフランス13


pageフランス12


pageフランス11


すっかりオノボリさんの私です♪

ここで、難題が。。。。

実は、おフランス経済実情が、悪くて
景気が、イマイチ。。。
スリさん、詐欺さんに要注意だったんです。

ドンクサくて、ボケボケな母と娘は
かなり慎重にテンパりながら
緊張してましたよん。


P1470116.jpg


1日目は、ガイドさんが、ベルサイユ宮殿に
案内してくださいました。


P1470159.jpg


ベルサイユのばらの華麗な舞台となった~
絢爛豪華なお城は、お城へと続くプロムナードから
別世界にやって来たようにキンキラ~美しかったです。


P1470149.jpg


ずうーーっと、憧れていた鏡の回廊は、
想像を超える見応えアリでした。
美しいとか、綺麗!とか
そんな言葉の表現を超えた~

それはそれは、
芸術の領域の優雅で秀麗な空間でした。


P1470160.jpg


うううんんん。。。
お美しいマリーアントワネットも
素敵な肖像画に
ため息出そう。。。なんですね。


P1470155.jpg



P1470162.jpg


P1470164.jpg


しばし、時を忘れて見とれていまたよん。

ベルサイユ宮殿を後にして
今度は、数々の名作と出会える♪
ルーブル美術館です。


P1470194.jpg


広くてーーーびっくりんこでした。

「モナリザ」は、意外とこじんまりとした作品でした。
謎のほほえみ~が、魅惑的な女性って
永遠に神秘なのでしょうね。


P1470188.jpg


P1470181.jpg


P1470172.jpg


芸術と文化の至高のひと時を堪能した後は
晩御飯に、「でんでんさん」
そうでーす!


IMG_1351.jpg


IMG_1352.jpg


エスカルゴをいただきました♪
ガーリックバターが、芳醇で美味しかったです。
すっかり、かたつむりってこと忘れて
夢中で食べてましたよん。

お腹が、満足した後は、
ロマンチックなセーヌ河クルーズを
楽しみましたよん。


IMG_1366.jpg


P1470273.jpg


小雨が、少し気になり、カメラの設定が
???になってしまったので
イマイチ、きれいに撮れずに残念でしたが、

パリの街を東西に流れるセーヌ河湖畔には、
目を奪う美しい建物と、エッフェル塔やノートルダム寺院が
夜のしじまに、パリの魅力を醸し出してました。


P1470290.jpg


定時に、煌めくエッフェル塔のイルミネーションが
キラキラと、瞬いて点滅する瞬間にも遭遇出来ました。


P1470305.jpg


P1470335.jpg


夢の中の出来事のようなパリの夜は
夢のあとさきへと私をいざなってくれました。。。

眠りの中でも、ロマンチックな余韻を感じていましたよん。


P1470397.jpg


P1470406.jpg


P1470410.jpg


P1470339.jpg


旅行最後の日は、
なーーんと、完全フリー放し飼いにしていただいたので
あれも!これも!と、
プランして~
朝一で、オランジェリー美術館へと行きました。


P1470343_20130420211408.jpg


P1470345.jpg


お目当ては、モネの「睡蓮」です。

四方を、「睡蓮」で囲まれたモネの部屋で
天井から降り注ぐ自然光を受けながら
眺めては、目を閉じて。。。

また、見入っては、引き込まれてました。。。


P1470353.jpg


P1470362.jpg


絵を描く私が好きな作家の
ルノアールや、ユトリロに、
マリーローランサン♪と、印象派の名作に
会えて、胸がいっぱいになっちゃいました。


P1470223.jpg


P1470229.jpg


次女ちゃんは、イマイチ???でしたが
今回は、私のためのパリ!だから!!と、
私のしたいこと!!への思いを優先してくれました。


IMG_1400.jpg


オランジェリーを後にして
モンブランが、美味しいアンジェリーナで
濃厚なモンブランと、紅茶をいただき~


P1470379_20130420210839.jpg


フォーションで、ミルフィーユと、紅茶をいただき~
マスタード専門店や
チョコ専門店
マカロンのお店や
色んなお店のぞいては、ショッピング満喫しましたよん。


P1470420.jpg


P1470418.jpg


夕方近くなり
絵を描く人たちの街
モンマルトルの小高い丘を訪れ~
ユトリロが、愛して描いた街並みを遡り~


P1470421.jpg


P1470429.jpg


パリの夜の最後は
ムーランルージュで
フレンチカンカンの美しく楽しく妖艶な?ショーを観ました。
撮影禁止なので、画像がなくて
ナイトショーの素敵さを伝えきれなくて残念でーす。

娘が、連れてってくれたおフランスは、
とってもとっても、素敵な添乗員さんとの出会いもあり
盛り沢山で、ジーーン!と、
思い出深いものとなりましたよん。。。


P1470221.jpg


そーーんな楽しい旅から帰り、

今企画進行中のプランがあります。
わんこと私の趣味のお家の犬小屋を建てまーす。

トリミングが、出来て
お菓子やお料理のお教室が出来て
わんこと楽しく過ごせる空間をプランしてまーす。

仲良しのお友達に遊びに来てもらえるのが楽しみでーす。

ぽそハサの犬小屋へ
ウェルカム♪わんわん♪にポチッとね。


  にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
   ↑↑ポチッと押してね♪
おフランスの旅は~
今回、とっても楽しみにしていた
モンサンミッシェルへと参りましたよん。


P1460682.jpg


P1460707.jpg


P1460709.jpg


P1460718.jpg


おフランス旅行したお友達からお聞きしてた情報なんです。

対岸に、宿泊すると
夜の夜景の中の幻想的なライトアップと
朝もやの中の荘厳とした情景が
満喫出来るよ―――♪ということなので


P1460721.jpg


P1460725.jpg


P1460740.jpg


P1460793.jpg


修道院を訪れて
城下町散策して~
修道院の一番高い塔の先端に立ち
神様のお告げを伝えた金色の聖ミカエル大天使を
見遥かし~

グランド・リュで、お買いものを楽しみ~
名物オムレツもいただき。。。


P1460830.jpg


P1460846.jpg


P1460859.jpg


P1460888.jpg


P1460915.jpg


日中のモンサンミッシェルの佇まいから
夜のしじまに浮かぶモンサンミッシェル~
朝焼けのモンサンミッシェル~と
様々な光を受けて表情を変える
移ろいと情景を満喫しました。

カメラの腕が、もっともっと
磨きかかってれば。。。と、思いましたよん。


pageフランス6


pageフランス5


pageフランス4


そーーんな、夢で見た情景を
後にしてからは、ノルマンディ様式の木のお家が
素適なオンフルールの港町を散策しました。


P1460949.jpg


P1460972.jpg


P1460976.jpg


P1460980.jpg


雑貨のナイスなお店で
こ――んな愛らしい、お塩かきを
ゲットしましたよん。


P1460985.jpg


P1460989.jpg


まるで、メルヘンの中から出て来たような
焼き物のクグロフ型を買いたかったけど
持ち歩きが。。。なので断念いたしましたよん。



P1470004.jpg


P1470010.jpg


他にも雑貨お化けと化した私に
娘が呆れてましたよーーーん。

おフランスなので
モチロン♪チョコもいっぱい買いました♪
オランジェットを色んなオレンジの素材や
チョコも工夫されて作られてるのが
参考になりましたよん。


P1470019.jpg


次は、ルーアンという
モネがその美しさに魅せられて
幾度も描いたノートルダム大聖堂や


P1470062.jpg


P1470058.jpg


ここでも、チョコ専門店で
チョコにくぎ付け~でしたよん。


P1470069.jpg


P1470072.jpg


ジャンヌダルクゆかりの街並みを散策しましたよん。


P1470080.jpg


おフランスの国の地方を巡った旅は
最終目的地のパリへと
続きまーす。

バスの窓からベストショットの
エッフェル塔に、そこにいるだけで?


P1470106.jpg


パリジェンヌ♪を目指して
楽しむことにしましたよん。

まだまだおフランス続きまーす。

ヨロシクわんわん。。。
ぽそハサですよん。


    にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
   ↑↑ポチッと押してね♪
長い長ーい、大学生活を満喫?したかな?の
次女が、無事卒業致しましたよん。

3月のとある吉日。。。
私が、母に仕立ててもらった
可憐な小紋のお着物に
次女が選んだ深いえんじ色の袴。。。


P1460441.jpg


天国の祖父母もこぼれる様な笑顔で
見守ってくれたことでしょうね。

朝早くから、着物と袴を私が着付けて
卒業式に出かけて行きました。

あんなーこと♪
こんなーこと♪
全てが、輝いてかけがえのない思い出となったことでしょうね。


P1460455.jpg


3月上旬の国家試験も自己採点で合格してたので
この4月から、病院勤務でーす。

あなたらしく~人の役に立つお仕事に力尽くしてくださーい。。。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


そーーんな前途キラキラな次女が
大学6年間で貯蓄してくれたバイト代で
ドッドーーーンンン!!と、
おフランス旅行に私を連れてってくれました。
ルフトハンザでフランクフルトに飛び~
フランクフルト乗継で
イザ!!おフランスへ♪♪♪

今回はフランス周遊の盛り沢山なツアーなので
わくわく♪でーす。


P1460471.jpg


P1460475.jpg


フランスゴシックの最高峰と呼ばれる
シャルトルブルーの美しい世界遺産の
シャルトル大聖堂へ行きました。


P1460489.jpg


P1460506.jpg


P1460510.jpg


ゴシック独特の荘厳な佇まいに
しばし時を忘れ、見入ってました。


P1460513.jpg


P1460531.jpg


美しいバラ窓と、
聖書に語られる逸話を象ったステンドグラスの
数々に、その時代を生きた職人さんの
誇りと情熱をひしひしと~感じてました。

お昼は、鴨料理をいただいて。。。


pageフランス1


pageフランス2


ロワールの古城巡りへと。。。


P1460567.jpg


P1460569.jpg


P1460573.jpg


野生の鹿などが生息する麗しい森にそびえる
壮大な世界遺産のシャンポール城では、
いつしか。。。
小雨が上り、空が青く輝くと

どこかしらかしらん?



P1460590.jpg


P1460597.jpg


幸せな花嫁さんの姿が現れました。

思わず小躍りするような溢れ来る幸せを

おすそ分けしていただきましたよん。


P1460610.jpg


P1460614.jpg


シュノンソー城では、
美しいお城の中も見学して、
16世紀に、生きた貴族達の暮らしや
今にも舞踏会が始まりそうな
豪華絢爛なお城の中

またまた、メルヘンのお時話のような厨房で
ケーキの焼き型や、
銅製の使い磨かれたキッチン道具に
魅せられちゃいました。


P1460625.jpg


P1460638.jpg


P1460659.jpg


時代が遡り
いくつ時が流れても

いつの時にも、こんな風に
心込めて作り出されるお菓子は
人を幸せな気持ちにいざなってくれるのでしょうね。。。


P1460677.jpg


そんな夢の中の出来事のようなおフランスの旅~
続きは、憧れのモンサンミッショルでーす。
お楽しみに~♪

お利口に長ーいお留守番してたわん♪の
4わんにポチッとね。

  
   にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
   ↑↑ポチッと押してね♪

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。